日本髪

江戸時代の女性の髪型。一説によると、江戸時代全体で300種類以上にものぼるといわれている。
これらの髪型を整理すると、代表的なものは、兵庫髷ひょうごまげ島田髷しまだまげ勝山髷かつやままげ笄髷こうがいまげに分類される。
日本髪の発生は、古代の垂髪すいはつにその起源を求めることができるが、 現代の日本髪の最初の型とされるのは、寛永年間に現れたといわれる兵庫髷である。

日本髪は、、左右のびんたぼまげの5つの部分からなる。

日本髪島田髷における各部の名称

美容師国家試験対策:
日本髪の分類(兵庫髷ひょうごまげ島田髷しまだまげ勝山髷かつやままげ笄髷)と各部の名称(、左右のびんたぼまげ)は覚えておきましょう。よく出ます。
上の各部の名称についてはこの図ごと覚えましょう。


女性の日本髪の形成過程をみると、大きくは、江戸時代前期のびんを引きつめたぼが後ろに出た時期と、江戸時代中期以降のびんが横に張り出てたぼが上がり、襟足が露出して襟足の美が強調される時期、 江戸時代後期のびんたぼのふくらみが調和のとれた時期とに分けられます。